モルゲンロート

外苑前のギャラリー モルゲンロート

リトルフォレスト -漆と日本画の三人展ー

会期:2019年6月19日(水)から6月30日(日) 
    13時~19時 最終日18時まで
    月曜・火曜休廊

菊池 麦彦(漆芸) 古田 和子(日本画) 安原 成美(日本画)

日本画の2人は森とそこに棲む生き物たちをテーマにしており、漆は木に寄り添って制作しています。
3人が揃うことで森の気配が感じられる展示になることと思います。
是非ご高覧ください。


作家プロフィール

菊池 麦彦 Mugihiko Kikuchi




プロフィール
奥久慈漆生産組合 組合員
NPO法人壱木呂の会 理事

略歴
1985年:埼玉県さいたま市生まれ
2010年:東北芸術工科大学美術科工芸コース漆芸専攻卒業
茨城県常陸太田市に陶・漆工芸 麦工房を新設
2011年:常陸太田市に麦工房漆林を造成
2014年:さいたま市岩槻区に漆アトリエを新設

受賞
卒業制作LURE BAG 優秀賞
日本漆工協会奨学賞
50回日本クラフト展入選
天賞堂時計文字盤コンテスト入選

展示会
東京芸術劇場ギャラリー
自由が丘古桑庵
浦和 楽風
常陸太田 麦工房 個展 毎年
新宿伊勢丹 壱木呂の会展
常陸太田梅津会館 壱木呂の会展
水戸 工芸ギャラリー桃花堂
金沢 しいのき迎賓館 天賞堂時計文字盤展
青梅 釣具店甲州屋 和の釣り道具展
南青山アートスペースモルゲンロート


------------------------------------------------------------


古田 和子 Kazuko Furuta





土地に生息する動物や植物の営みをモチーフに絵を描いています。
牡鹿半島に生息する鹿。益子町の大きなアカメガシワを訪れるキビタキの群れ。
そこにある生活やかつての記憶を見聞きすると、大きな世界が根っこの部分で自分自身と繋がっていくように思えます。
日々新しく生まれるこの世界と記憶をかたちに残したいです。

1985  東京都生まれ
2015  東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科芸術文化専攻修士課程修了

【個展】
2013 「風の景色」フリュウ・ギャラリー(東京)
2016 「鹿画廊|2015-2016・冬」はまぐり堂・高見(宮城)
2017 「鹿画廊|2017・冬」はまぐり堂・高見(宮城)
    「鹿の目」はまぐり堂・高見(宮城)
2018 「世田谷区芸術アートアワード”飛翔”受賞記念展覧会」世田谷美術館(東京)
2019 「魚のなきごえvol.1 古田和子展」はまぐり堂・高見(宮城)

【グループ展】
2014 「ひじおりの灯2014」大蔵村肘折温泉街(山形)
2015 「東北芸術工科大学 卒業・修了制作展」東北芸術工科大学(山形)/東京都美術館(東京)
   「ひじおりの灯2015」大蔵村肘折温泉街(山形)
   「土祭」旧濱田庄司邸(栃木)
2016 「辛 遊理・古田 和子 2人展」ガレリア・グラフィカbis(東京)
   「ひじおりの灯2016」大蔵村肘折温泉街(山形)
   「山形ビエンナーレ|東北画は可能か?~地方之国現代美術展~」東北芸術工科大学(山形)
2017 「small works 2017」ガレリア・グラフィカbis(東京)
   「ひじおりの灯2017」大蔵村肘折温泉街(山形)
2018 「リトル・フォレスト-漆と日本画の3人展-」art space morgenrot(東京)
   「鹿画廊|2018・冬 」 はまぐり堂・高見(宮城)
   「small works 2018」ガレリア・グラフィカbis(東京)
2019 「永遠と1/60秒 古田和子×山増ちひろ」旧西村写真館(山形)

【賞歴】
東北芸術工科大学 卒業・修了制作展 優秀賞(2015)
世田谷区芸術アートアワード”飛翔”(2017)

【所蔵】
山形市役所(山形)
蛤神社(宮城)
古山閣 オーベルジュ(山形)
Caféはまぐり堂・高見(宮城)

------------------------------------------------------------


安原 成美 Shigemi Yasuhara





平成22年  東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
平成28年  東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻
         保存修復日本画研究領域博士後期課程修了 博士号取得

〈受賞〉    
平成20年  安宅賞(東京藝術大学)受賞
平成23年  卒業制作 奨励賞(東京医科歯科大学教養部)受賞
平成28年  野村美術賞 受賞 修了作品東京藝術大学収蔵
         平山郁夫文化芸術賞 受賞
平成30年  Seed 山種美術館日本画アワード 2019−未来を担う日本画新世代− 大賞



弊ギャラリーのフェイスブック ブログInstagramにも展示風景を載せています。
こちらもぜひご覧ください