モルゲンロート

外苑前のギャラリー モルゲンロート

二人百福

会期:2019年12月11日(水)から12月22日(日) 
   13時~19時 最終日17時まで

志村 観行 鈴木 ひょっとこ


吉祥柄や神、善も悪も含めて人間賛歌的な柄をモチーフに,ちょっと皮肉っぽいダークテーマやユーモアもある、
二人の作品です。
是非ご高覧ください。
年内最後の展示です。
2020年も百福招来を祈願して。

作家プロフィール
------------------------------------------------------------


志村 観行 Noriyuki Shimura






青い山の頂から眺める景色。
聖なる夜と厳かな朝を迎えるために必要なもの。
心に留めて家路につけば、やがて百福招来。

略歴
1956年 静岡県伊東市出身
1979年 玉川大学芸術学科陶芸コース卒
同年、瀬戸の陶芸家・加藤 鈔に師事
1990年 伊豆高原に海座工房開設
1979年~1995年 公募展出品を中心に活動

入選・入賞 
サントリー美術館大賞展
日本陶芸展
国際陶磁器フェスティバル美濃
朝日陶芸展・朝日現代クラフト展
中日国際陶芸展・現代陶芸『めん鉢大賞展』
陶磁器の島・AMAKUSA陶芸展2008 グランプリ

1991年以降 各地ギャラリーにて個展を中心に活動
     赤坂&足利・乾ギャラリー
     銀座・黒田陶苑
     銀座・ギャラリーおかりや
     銀座・工芸むら田
     京橋・ART SPACE繭
     代々木上原・ギャラリーYORI
     鎌倉・鎌倉工芸
     静岡三島・Robert Yellinやきものギャラリー(現、京都)
     渋谷西武・美術画廊
     西武池袋本店・アートギャラリー
     横浜そごう・美術画廊
     静岡三島・さんしんギャラリー善『企画・運営・佐野美術館』
     他、各地で開催
2005年・2009年 アートフェア東京 作品展示
     東京国際フォーラム
2015・16年 陶美展・出品 日本橋高島屋・美術画廊
2017年 いけばな小原流 展・器提供 新宿高島屋
2017・19年 二人展 南青山・morgenrot
2017・18・19年 個展 六本木ヒルズ・ART&DESIGN STORE A/Dスペース
2019年 FEI ART MUSEUM YOKOHAMA お年賀展・出品 横浜
     個展 麻布十番・ギャラリー・ラ・リューシュ/主催・求龍堂(美術書籍出版)


鈴木 ひょっとこ Hyottoko Suzuki






日本古来のキャラクターと現代の家電や道具たち、
身近だけど奇妙なもの達を肉筆浮世絵風の表現を引用した可笑しみを込めた絵にしています。


鈴木ひょっとこ
2003 武蔵野美術大学造形学部油絵学科入学
2007 武蔵野美術大学造形学部映像学科アニメーション専攻卒業
    東京都在住

[略歴]
2008 ラピュタアニメーションフェスティバル入選
2013 GEISAI#18 ポイントランキング4位入賞
    グループ展「GEISAI#18 Point Ranking受賞者展」Hidari Zingaro
    「アーティストコラボチャリティーふろしき」髙島屋
2015  「TRANS ART TOKYO 2015」
2016 二人祭「もののけのから」展 白白庵
    「第六回 天祭一○八」増上寺
2017 書籍「ハナモゲラ和歌の誘惑」笹公人 著(小学館刊) 装画・挿絵
    個展「勝手ながら祝祭日」KUNST ARZT(京都)
    二人展「縁起物展」アートスペースMorgenrot(東京)
2018 個展「古今莫迦集」喫茶モノコト~空き地~(愛知)
    「SICF19 A日程」スパイラル(東京)
    「天の岩戸開き」の芸能 国立文楽劇場 公演ポスター原画
    「鈴木ひょっとこのサマーミュージアム」福岡三越(福岡)
    「2018 ASYAAF & Hidden Artists Festival」東大門デザインプラザ(韓国)
    「アーティストインレジデンス」浜松市鴨江アートセンター(静岡)
2019 個展「黒物家電図市」NANJO HOUSE(東京)
    illustration誌 第210回 The Choice 入選 (玄光社)
    「coba produce concert 運命のレシピ」日向市文化交流センター 公演ポスター原画・デザイン
    三人展「ART IT NOW」うめだ阪急美術画廊 (大阪)
    二人展「ハイブリッド風流」白白庵 (東京)
    「鈴木ひょっとこ和雑貨フェア」髙島屋 日本橋・新宿店(東京)&横浜店(神奈川)
    書籍「瞠目笑」林家彦いち著(パイ・インターナショナル刊) 装画・挿画
    「KOGEI ART FAIR KANAZAWA 2019/#402 ギャラリー三彩」KUMU金沢 (石川)



弊ギャラリーのフェイスブック ブログInstagramにも展示風景を載せています。
こちらもぜひご覧ください