z

モルゲンロート

外苑前のギャラリー モルゲンロート

ふいて あんで ひいて

会期:2019年9月17日(火)から9月22日(日)
    13時~19時 最終日18時まで
    
相川 くるみ(陶芸) 金親 敦(あみもの) 濵田 敬史(ガラス)

作家プロフィール
------------------------------------------------------------


相川 くるみ Kurumi Aikawa





1989年 千葉県佐倉市生まれ
2011年 東京藝術大学 美術学部 工芸科 入学
2017年 東京藝術大学 大学院美術研究科 工芸専攻 陶芸研究分野 修士過程 修了

主な展覧会
2012年 つながる糸展(東京藝術大学)
2014年 Tokyo University of the Arts
      Ceramic Works Exhibition 2014(天王洲セントラルタワー・アートホール)以後2015年出展
2015年 sotten'15(代官山ヒルサイドテラス)
      GEIDAI ART展(京王プラザホテル)
      安宅賞 受賞
2016年 桜ライン311チャリティー展(ギャラリー緑陶里)
      〜東京藝術大学×酒蔵蔵元〜日本酒を楽しむ器展(日本橋三越)
      GIFT in BLOOM Vol.11(銀座三越)
2017年 修了記念展(桃林堂画廊)
      第3回長はるこ&東京藝大女子展「10代〜80代」(B- gallery)
      秋空に 高く そびえる(art space morgenrot)
      秋ごはんのうつわ(mAAch ecute 神田万世
2018年 イツモセトモノ(桃林堂画廊)
      arcus exhibition(STS)

------------------------------------------------------------


金親 敦 Atsushi Kaneoya





魂や霊、あるいは神、妖怪などといった目に見えない存在の可視化をテーマに作品を制作しています。
私自身それらの存在が見えるわけではないのですが、彼らが私たちの近くで彼らの日常を過ごしているかもしれないと想像すると、
この目で確かめたい、会いたいという気持ちになります。
糸が編まれることで端から少しずつ形が現れる様を見ていると、
目に見えない存在たちがそこに顕現してくれているような気がしてきます。


------------------------------------------------------------


濵田 敬史 Takashi Hamada





吹きガラスで器形状のものを作り、そこに粒状のガラスを詰めて電気炉で再焼成する、ホットワークとキルンワークの両方を使う独自の技法を使い制作しています。
ホットワークで有機的で自由な形状と、キルンワークから生まれる重力に従って溶け垂れる瞬間のガラスの表情が両立するような造形を目指しています。
儚くも確かに実在するガラス独自の存在感を感じてもらえたら嬉しく思います。

<略歴>
1992 千葉生まれ
2016 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科ガラス専攻 卒業
2018 東京芸術大学 大学院美術研究科工芸専攻ガラス造形研究分野 卒業
2019 千葉県松戸市にてアトリエを作り制作を始める

<受賞>
2018 第66回東京芸術大学卒業修了制作展 メトロ文化財団賞
2018 第7回現代ガラス展in山陽小野田 入選
2016 第11回藝大アートプラザ大賞展 入賞

<展示会>
2018 グループ展『彩盃展ー彩りの酒器展ー』(ギャラリー山咲木/人形町)
    グループ展『僕たちの光学』(ギャラリー遊工房/西荻窪)
    グループ展『桃源郷芸術祭』(五浦天心記念美術館/北茨城市)
2017年 個展「+α展(千葉陶芸工房/千葉市)
    グループ展『片〜それぞれのガラス展〜』(GALLERY RUEVENT/目白)
2016年 グループ展『東京藝大 in 銀茶会』(G.itoya/銀座)



弊ギャラリーのフェイスブック ブログInstagramにも展示風景を載せています。
こちらもぜひご覧ください


■ その後の展示

sugar moon  -絵とお菓子の世界-

会期:2019年9月25日(水)から10月6日(日) 
吉田 ももこ(絵画) 吉田 ななこ(お菓子)

姉妹である吉田ももこ・ななこの二人展です。
姉の吉田ももこが描くやわらかな色使いの「おぼろげな記憶の断片」と、妹の吉田ななこが作る、絵画から飛び出したようなお菓子とのコラボレーション。
是非ご高覧ください。

作家プロフィール


吉田 ももこ Momoko Yoshida






主にアクリル絵具を用いた平面作品を制作。

頭の端っこの方にある、ほとんど忘れかけていたような「おぼろげな記憶の断片」を、ふと思い出すことがある。
実際に見たものなのか、本で見たのか、映画で見たのか、それとも夢で見たものなのかは分からないが、確かに「思い出す」瞬間があり、その時は心が震えてなんとも言えない気持ちになる。
そんな「おぼろげな記憶の断片」を、色や形の力を借りて絵を描いている。

吉田ももこ Web site 


1989 宮城県仙台市出身
2013 武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業
2015 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース 修了

主な活動暦
2016 個展「Momoko Yoshida Exhibition」武蔵野美術大学FAL(東京)
2017 グループ展「助手展2017 武蔵野美術大学 助手研究発表」武蔵野美術大学(東京)
2018 個展「真昼の星」たましんギャラリー(東京)
    グループ展「助手展2018 武蔵野美術大学 助手研究発表」武蔵野美術大学(東京)
2019 二人展「sugar moon」Art space morgenrot (東京)


------------------------------------------------------------


吉田 ななこ Nanako Yoshida






製菓学校を卒業後、食品メーカーに勤めながらシュガークラフトを学ぶ。
かわいくておいしいお菓子作りを目指し、シュガークラフトやアイシングクッキーなどの創作活動を開始。
お菓子とアートを繋げたいという思いから、アーティストとコラボレーションしたスイーツを制作する活動も行っている。

吉田ななこ Web site 

1992 宮城県仙台市出身
主な活動歴
2018 ブルボン エブリバーガー動画撮影用美術 太陽企画株式会社
   帝国ホテル スイーツアート展 出展
2019 やましたあつこ個展「君の名前で僕を呼んで」アイシングクッキー販売
   ルミネ荻窪 OGIKUBO MARCHE’ 出店
   新所沢パルコ パルコポケットマルシェ 出店
   「kitchen展」アイシングクッキー販売
   第9回シュガークラフトコンテスト 出展
   mezzo piano junior autumn カタログ 撮影小物制作 株式会社ナックコミュニケーション

主な受賞歴
2016 第6回シュガークラフトコンテスト 優秀賞
2018 第12回日本シュガーアートコンペティション 金賞


日々の空想

会期:2019年10月9日(水)から10月20日(日) 
澤田 万里子(鋳金) 長友 由紀(染色) 山田 賀代(陶芸)

あの時の色彩

会期:2019年10月23日(水)から11月3日(日) 
鈴木 伊美(ガラス) 田子 美紀(ガラス)

錫と漆の二人展

会期:2019年11月6日(水)から11月17日(日) 
新井 良子(錫) 大塚 友野(漆芸)

野左近 美咲個展

会期:2019年11月20日(水)から11月24日(日) 
野左近 美咲

二人展(タイトル未定)

会期:2019年11月27日(水)か12月8日(日) 
小野澤弘一 開田智

縁起物展(仮タイトル)

会期:2019年12月11日(水)か12月22日(日) 
志村観行 鈴木ひょっとこ