モルゲンロート

外苑前のギャラリー モルゲンロート



Summer Triangle

会期:2020年7月15日(水)から7月26日(日) 
    13時~19時  最終日17時まで
    月曜・火曜休廊 
小室 えみ香(ジュエリー) 常信 明子(七宝) 松田 苑子(ガラス)



小室 えみ香 Emika Komuro





在るのに無い。無いのに在る。物質的にはそこに無いけれど、確かに在る感覚。
誰しもが一度は感じたことがあるであろうその何かは、本当の意味での”存在”であり、自然本来の在り様であるように私は思います。
かけがえのないときめきや感動を伴うその何かは、まるで宝石のようで、心の宝箱にそっとしまっておきたいような、そんな存在であると思っています。
手に取りたいけど手に取れない”何か”が、形になって手にとることができたら、どれだけ喜ばしく美しいことだろうという一心で、採集するようにドローイングを描き、それをもとにジュエリーをつくっています。
主に用いるのは様々な彩を表現できる七宝技法。ドローイングのイメージと質感、着用感を大事にしながら制作しています。

略歴
2012-2016 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 金工専攻
2016-2018 結婚指輪を主とするオーダーメイドジュエリー店にてデザイナーとして勤務
2018年より彫金・七宝技法を主に使った工芸・ジュエリー作家として制作を開始


------------------------------------------------------------

常信 明子 Hiroko Joshin



  

「◎」  素材:七宝、銅、銀


「七宝」の技法を使って、「きれいなもの」や「おいしそうな」ものをモチーフにして
制作しています。皆様に美味しいものを召し上がるような気持ちでご覧頂けましたら嬉しいです。

略歴
2015年 東京藝術大学美術学部工芸科彫金専攻 卒業
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻彫金 修了
2020年 個展(横浜髙島屋)


------------------------------------------------------------

松田 苑子 Sonoko Matsuda





  

大切なものを仕舞うための特別な箱として『ときの箱』とタイトルをつけたガラスの箱をメインに制作しています。
お気に入りの箱の中に大切に仕舞っていたものを取り出して、そっとふれてみる。
そんなひっそりとした特別で愛おしい時間を作り上げる手助けになるもの、使う人に寄り添うものを作りたい。と思っています。

耐火石膏で型を作りガラスを流し込む、鋳造ガラスの技法を用いて制作を行なっています。
木やワックス、石膏など色々な素材を使用して原型から制作しています。
触れたときにも心地よいように削って形を整え、言葉や思い出の花をモチーフとしてデザインした模様を思いを込めて表面に彫り込んでいます。

中に入れたものの形や色をうっすらとうつし出し、一日の光の移り変わりの中で絶えず表情を変化させるガラスの小箱に触れていただければ幸いです。

略歴
2011年 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスプログラム 卒業
2013年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程工芸学科ガラス造形 修了
2015年 金沢卯辰山工芸工房 修了
2018年 多摩美術大学工芸学科 ガラス研究室 助手 退職
現在京都府南部にて制作

情勢を鑑みて変更の可能性もございますが、その際はフェイスブック ブログInstagram等でご案内いたしますのでご確認の上ご来廊下さいませ。


■ その後の展示


星月夜に遊ぶ。

会期:2020年7月29日(水)から8月10日(日) 
    13時~19時  最終日17時まで
    月曜・火曜休廊 
黒沢 理菜(漆) 澤谷 由子(陶芸) 二人展



黒沢 理菜 Riina Kurosawa





漆という素材と伝統技法の保存に関心があり、その為に若い人の目に留まるようなものを作ろうと思い、素材と形、形とデザイン、デザインと技法などにギャップのある作品を作っています。
今回は漆皮という技法に、見様見真似で挑戦してみました。鹿革を漆で固めて胎にするという技法です。見様見真似漆皮と呼んでいます。軽くて薄く、よくしなり丈夫です。
漆という素材の持つ魅力を少しでも知っていただければ幸いです。

略歴
1992年茨城県生まれ
2018年京都芸大修士課程修了


------------------------------------------------------------

澤谷 由子 Yuko Sawaya







  

茶碗 露絲紡(つゆいとつむぎ) 
H7.2×Φ17.3 (㎝)
磁土/筒描き(イッチン)、染付

筒描き(イッチン)と染付という加飾技法を使い、一本一本糸を糾い素地に衣を纏わせるように制作しています。
装飾そのものに実用性は無くともそこに宿されたまじないのような目には見えない精神性を大切にしたいと考えています。


略歴
1989年 秋田県横手市生まれ
2012年 岩手大学教育学部芸術文化課程造形コース(美術) 卒業
2014年 上越教育大学大学院学校教育研究科教科・領域教育専攻芸術系コース(美術) 修了
      金沢卯辰山工芸工房 入所
2017年 金沢卯辰山工芸工房 修了
現在、石川県能美市にて制作

展覧会等
2014年 「第30回 クラフトフェア松本」 出展(長野県/あがたの森公園)
       「旧石井県令邸企画展 県令邸アノニマス」(岩手県/旧石井県令邸)
2015年 「石神の丘アートウォーク いわての現代美術と出会う、秋。」(岩手町立石神の丘美術館)
       「《対話》-2015アジア現代陶芸交流展」(中国杭州/中国美術学院美術館)
2016年 個展「澤谷由子展 ―雪糸紡―」(東京都/Parque)
       平成27年度岩手県美術選奨 受賞
       個展「澤谷由子 ―青絲遊―」(石川県/山ノ上ギャラリー)
2017年 「Singapore Contemporary 2017 」
        (シンガポール/Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre –Level4)
       「金沢卯辰山工芸工房研修者作品展」(石川県/金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA)
       「ASIA CONTEMPORARY ART SHOW」(香港/Conrad Kong)
2018年 個展「澤谷由子展」 (大阪府/アートサロン山木)
       「アートフェスタいわて2017」(岩手県/岩手県立美術館)
       個展「まじなう絲」(石川県/縁煌)
       「仏と共にあるうつわ展」(京都府/井筒法衣店)
2019年 「森岡希世子・澤谷由子二人展 見目麗し」(埼玉県/うつわノート)
       「雪ノ浦裕一・澤谷由子 陶芸展」(岩手県/旧石井県令邸)
       個展「澤谷由子陶展 ―糾う絲―」(東京都/Parque)
       個展「澤谷由子展 ―手繰る絲―」(石川県/山ノ上ギャラリー)
2020年 「Whaaaaat’s studio opening TAIPEI INTERNATIONAL ART FAIR」(台湾/南港老爺行旅)
       青花の会|工芸祭2020「生活工芸」以後の工芸 (東京都/BOOTLEG gallery)
       KUTANIの新しい風展(東京都/柿傳ギャラリー)


福井 伸実 個展

会期:2020年8月19日(水)から8.月30日(日) 

キム ドンヒ・三留 舞 ガラス二人展

会期:2020年9月2日(水)から9.月13日(日) 
キム ドンヒ(ガラス) 三留 舞(ガラス)

井上 藍・杉原 倫子二人展

会期:2020年8月19日(水)から8.月30日(日) 
井上 藍(染色) 杉原 倫子(ガラス)

永守 紋子 個展

会期:2020年10月2日(金)から10.月11日(日) 

山崎 葉 個展

会期:2020年10月14日(水)から10.月25日(日) 

Kaoru 個展

会期:2020年10月28日(水)から11.月8日(日) 

藤沢 まゆ 個展

会期:2020年11月11日(水)から11.月22日(日) 


弊ギャラリーのフェイスブック ブログInstagramにも展示風景を載せています。
こちらもぜひご覧ください