モルゲンロート

外苑前のギャラリー モルゲンロート

taka kono solo exhibition
but in another mood how different all this looks

会期:2018年7月4日(水)から7月15日(日) 
taka kono

taka kono / works





taka konoは、病理的アプローチで現代アートに風穴を空けます。
独学で染色を学び、米パーソンズ美術大学でファッションと現代アートを修めた後、ニューヨークのグループ展において20歳でデビュー。その後はヨーロッパやアメリカ各地で精力的に展示を行っています。
takaは、伝統的な染色からは一線を画し、コンテンポラリーな染色技法をラボラトリーで独自に編み出しています。生地を染めるだけに留まらず、新たな染色テクニックを融合させることで、色、そしてその意味に付加価値を加えて作品を作り上げています。
初の個展となる but in another mood how different all this looks では、ギャラリースペースをアヴァンギャルドなラボラトリーへと変身させます。法医学的アプローチを試み、血液を浸した布を化学薬品で染め上げ、赤血球を青紫へ。
鮮血の赤が纏う恐怖、そしてバイオレンスといった既成概念を断ち切り、観る者を不確定な状況に陥れます。存在と不在の境界線をぜひご高覧ください。


taka kono’s (b.1994) solo exhibition, but in another mood how different all this looks, transforms the conventional gallery space into an avant-garde lab space, where blood dyed garments have been treated with LCV - a chemical used in forensics analysis - in order to alter the color of blood into an array of violet hues. His practice is intimately tied to exploring the patterns of relation between existence and absence in the body and psyche, often using garments as a symbol of an absent body in ways to appose and conflate the spectator and work.


弊ギャラリーのフェイスブック ブログInstagramにも展示風景を載せています。
こちらもぜひご覧ください



■ その後の展示予定


五十嵐 桃子・富永 一真 ガラス展

会期:2018年7月18日(水)から7月29日(日) 
五十嵐桃子 富永一真

福井 伸実 個展

会期:2018年8月1日(水)から8月12日(日) 
福井 伸実

菅原 道朝・後関 裕士 二人展

会期:2018年9月5日(水)から9月16日(日) 
菅原 道朝(日本画) 後関 裕士(陶芸)

山元 裕子 個展

会期:2018年9月19日(水)から9月23日(日) 
山元 裕子

小野澤弘一・開田智 二人展

会期:2018年9月26日(水)から10月7日(日) 
小野澤弘一 開田智

Kaoru個展

会期:2018年10月10日(水)から10月21日(日) 
Kaoru

小松崎守・兒玉良子 二人展

会期:2018年10月24日(水)から11月4日(日) 
小松崎守 兒玉良子

藤沢 まゆ 個展

会期:2018年11月14日(水)から11月25日(日) 
藤沢 まゆ