モルゲンロート

南青山のギャラリー モルゲンロート

野焼譚 Ⅳ

会期:2024年5月23日(木)~6月2日(日) 
  月曜火曜水曜休廊     
  13時~19時 最終日は17時終了
  高山 大(陶芸家) 田中 小枝(陶芸家) 松山 賢(美術家) 薬王寺 太一(陶芸家)  

窯を使わずに、野外で薪、藁や籾殻などで土の造形物を焼くことを野焼きといいます。 火炎や煤によって、野焼特有の景色が現れます。 縄文時代弥生時代は野焼きで土器や土偶が作られていました。
器・壺・彫刻・絵画などそれぞれ出自の違う作品が並びます。


5月25日19時より6月2日17時まで「野焼譚 Ⅳ」のonline shopを開設いたします。
ご覧いただけましたら幸いです。
その他の作品でも気になるものなどございましたら、メール等でお気軽にお問合せください。


高山 大 Dai Takayama








【 略歴 】
1972  三重県津市生まれ
1996  近藤高弘氏に師事(~2001)
2002  タンザニアにて土器の制作(1ヵ月滞在)
2019  真宗高田派光泉寺住職継承
2023  パラミタ陶芸大賞受賞

【 主な個展 】
2015  現代美術艸居(京都)
2017  横浜髙島屋(神奈川)
2018  アートサロン光玄(愛知)
2019  伊勢現代美術館(三重)[同2011]
2021  パラミタミュージアム(三重)
2023  日本橋髙島屋(東京)[同2014・2016・2018・2021]
2024  ジェイアール名古屋タカシマヤ(愛知)

【 主なグループ展 】
2011 「東海現代陶芸 思考する新世代展」(愛知県陶磁美術館 / 愛知)
2016 「縄文ALIVE」(新宿髙島屋 / 東京)
2017 「URNEN」(驪州陶磁セサン / 韓国、 EKWC / オランダ)
2023 「第17回 パラミタ陶芸大賞展」(パラミタミュージアム / 三重)
2024 「薪で焼いた白と黒のシャープネス展」(セイコーハウス銀座 / 東京)
2024 「野焼譚」(アートスペース モルゲンロート / 東京)[同2018・2020・2022]

【 パブリックコレクション 】
茨城県陶芸美術館(茨城)    緑ヶ丘美術館(奈良)
伊藤小坡美術館(三重)     パラミタミュージアム(三重)


田中 小枝 Sae Tanaka








【 略歴 】
1969三重県津市香良洲町生まれ
1996倉本尚氏に師事
1999香良洲町に築窯
現在白山窯にて制作

【 主な展示】
2004個展(三重県総合文化センター/津)
2007個展(山画廊/四日市)
2008個展(山画廊/四日市)
2010個展(天の庭/津)
2011個展(ギャラリーアスト1/津)
2012二人展(久居庵早田/津)
個展(ギャラリーcoma/松阪)
個展(seedbed gallery/松阪)
2013個展(丸栄ギャラリーエスパス/名古屋)
2014個展(山画廊/四日市)
2015個展(松菱美術画廊/津)
2016個展(伊勢現代美術館)
2017個展(ギャラリーcoma/松阪)
2019二人展(三重テラス/日本橋)
個展(伊勢現代美術館)
   個展(私立大室美術館/津)
2020個展(堤側庵ギャラリー/名張)
   四人展(art space morgenrot/南青山)
2021個展(松菱美術画廊/津)
2022四人展(art space morgenrot/南青山)
2023個展(松菱美術画廊/津)
2024四人展(art space morgenrot/南青山)
   個展(堤側庵ギャラリー/名張)
   個展(京都髙島屋)



松山 賢 Ken Matsuyama





左:「洋風画(茅野市棚畑遺跡出土土偶模造)」18x18cm 絹本彩色
右:「茅野市棚畑遺跡出土土偶模造」高さ27cm 野焼き陶



岩手県御所野遺跡近くで生まれる。湯舟沢遺跡すぐ横で育つ。
京都市立芸術大学大学院修了。横浜市三殿台遺跡そばに在住。
日本画制作を経て、土器、人形、彫刻をつくりはじめる。
最近は油彩画、野焼きによる陶彫を制作、発表している。

最近のおもな個展
2023
「火がつくる文様絵画と土器彫刻」S-Gallery粛粲寶(しゅくさんぽう)美術館(茨城県境町)
「火がつくる文様絵画と野焼彫刻-縄文文化との接点-」津南町農と縄文の体験実習館なじょもん(新潟県)
2022
「縄文土器怪獣群」ギャラリーSIACCA(東京)
「絵画・彫刻・箱・縄文」丸善丸の内本店ギャラリー(東京)
「怪人図・土器彫刻と模様の絵」日本橋高島屋美術画廊X(東京)
2021
「中の絵の中」横浜高島屋横浜高島屋、大阪高島屋美術画廊
最近のおもなグループ展
2022
「美術の眼 考古の眼」横浜市歴史博物館(神奈川)



薬王寺 太一 Taichi Yakuouji









【 略 歴 】
1975 東京生まれ
2000 関東学院大学 文学部 社会学科 卒業
2000~ 増穂登り窯(山梨)
2003~ Argille e dintorni studio (ボローニャ イタリア)
2005 如庵窯(佐賀)
2005~06 Anagama project (リトアニア)
リトアニア ゴユースにて穴窯築窯/Raku workshop
2010~ 埋蔵文化財センター(横浜) 調査研究補助
2011 横浜市埋蔵文化財センター内 復元竪穴式住居 伫制作
2012~ 国指定史跡 三殿台考古館 土器づくり講座担当
2014 大田区立郷土博物館講座 穿孔土器制作
2016 横浜市役所庁舎 横浜華道協会華席 花器協力
2016~ 伊勢山皇大神宮 新神楽殿 土器奉納
2018~ 横須賀市田浦アーティスト村 監修協力、移住
横須賀田浦にて穴窯築窯
2019 『あいちトリエンナーレ』 トモトシ氏ブース作品協力
2019 『藝大で縄文の話しをしよう』登壇 東京藝術大学
2020~ 田浦小学校総合学習協力 (横須賀市)
2021~ 県立横須賀高校 SSHプログラム(文部科学省)協力
2021 TBS『冒険少年』土器制作協力
2023~ 田浦中学校総合学習協力(横須賀市)
他 各地でワークショップ等多数開催

【 主な個展・グループ展 】
2000~ 増穂/葉山/称名寺芸術祭
2001 増穂登り窯展 ギャラリーさくら(銀座)
2001~ 産経新聞社『書のアート展』(池袋)
2002 池田満寿夫 酔月展 (山梨)
2002 山梨現代陶芸作家100人展 (山梨)
2004 galleria il graffio (Bologna イタリア)
2004 Blavo Cafe (Bologna イタリア)
2005 Raku workshop (Alytus リトアニア)
2005 Anagama project ARKA Gallery(リトアニア)
2011~ 横浜開港アンデパンダン展(横浜)
2014~『 Tanagokoro 』gallery fu (横浜)
2016~ 横須賀美術協会展(横須賀)
2016 いけばな公募展 花器協力 目黒区美術館(目黒)
2016~『野焼譚』art spaceモルゲンロート(南青山)
2017 横浜華道協会展 花器協力 横浜高島屋(横浜)
2018 第70回記念 横浜名流華道展 横浜高島屋(横浜)
2019 『あざなえる縄の如く』 みうらじろうギャラリー(日本橋)
2020 『森の聲~Papua~Jomon~Art』(新潟津南)
2022 『美術の眼、考古の眼』横浜市歴史博物館 (横浜市)
2024 『Yokosuka Art Valley HIRAKU 往古来今』横須賀美術館 (横須賀市)